薬

アトピー性皮膚炎とは、皮膚が乾燥しやすい人に起こりやすいという特徴があります。
要するに、外界の刺激等から肌を守るバリア機能が弱い人に起こりやすく、アレルギー性皮膚炎の一種と考えられています。
アレルギーとは、食物や花粉、ハウスダストやダニの死骸などがアレルゲンとなり、免疫システムが過剰に反応してしまうために引き起こされる生体反応です。
もう少し具体的に言うと、アレルゲンと肥満細胞の表面に結合したIgMが反応すると、肥満細胞からヒスタミンなどの炎症物質が分泌され、痒みや発赤、腫脹等を起こすのです。
また、痒みを我慢できなくなってかきむしってしまうために、出血することもあり、皮膚炎がさらにひどくなるのです。
こうしたアトピーの症状を改善するには、専用の薬があるのでそれを使う方法がひとつであり改善できる術となります。

改善する

アトピー性皮膚炎を改善するために、重要なポイントが3つあります。
まずは、スキンケアが大切になりますから、保湿剤等を使い肌を乾燥から守ります。
特に冬の間は、湿度が低いために肌が乾燥しやすくなりますから必ずスキンケアを行いましょう。
また、寒さなどの刺激も肌には良くありませんから外出時の服装には気を使い、直接肌に触れる下着等は、肌に優しい素材を選ぶようにしましょう。
次に重要なポイントは、適切な医薬品を用いて治療することです。
ステロイド外用薬を主に使うことになりますが、ステロイド製剤は副作用があるので、用法用量は必ず守って使用しましょう。
そして、最後に、痒みを引き起こすアレルゲンを取り除くことが重要になります。

治療薬について

最近のアトピー性皮膚炎の治療薬について、ES-27という成分が注目されています。
ES-27とは、細胞内のミトコンドリアにエネルギーを与え、ミトコンドリアが痒みの原因にもなっている過酸化脂質を破壊することで皮膚炎を改善するというものです。
また嬉しいことに、ES-27にはステロイド製剤のような副作用がありませんから、安心して使用することができるのです。
その他にも、乳酸菌飲料やヨーグルト等を毎日摂ることで、腸内細菌叢が改善され、免疫システムが正常化して行くという報告もあります。
ですから、諦めずに治療を続けることが大切です。
また、現在ではインターネットでいろいろな治療情報を入手することもできますから、参考にしてみると良いでしょう。

オススメリンク

肌がかさつく

改善の薬

このやっかいなQOLを著しく下げる疾患は多くは発疹等の皮膚の異常となって現れる。
重要な組織の場合は命に関わるので十分なケアが必要である。
臓器を冒すものもあり、例えばアレルギー…Read more

試験管

症状に関して

アトピーは現代の日本で多くの人が悩む病気である。
寄生虫が駆逐された日本では、攻め手のなくなったTキラー細胞が自己の組織を攻撃しているとも伝えられ、食生活の変化と相まって今や多くの人がア…Read more

関連リンク

BACK TO TOP